少しの工夫とアイディアで快適な住まいに|狭小住宅を建てよう!

住宅模型と電卓

理想を追求した住宅

内観

最近は注文住宅を建てる人が増えています。埼玉県でも細部のデザインのこだわった注文住宅を建てている人もいます。注文住宅では、自分の理想を実現することが出来ます。家族のライフスタイルに合わせて建築しましょう。

詳細へ

和室のある住宅

家族

日本の伝統的な住宅が現在は見直されています。海外でも和室がとても人気です。静寂と緊張感のある和室が住宅にあることで、室内の雰囲気も変わります。大東市でも和室のあるい一戸建て住宅が多くなっています。

詳細へ

室内空間を利用

部屋

夢のマイホームを手に入れるには、自分の土地が必要になります。広大な広い土地を所有している場合は、リビングや居室空間を広くして、開放感のある住宅を建てることが可能になります。しかし、日本では広い土地を所有している人は少ないでしょう。海外のように、土地が広く場合は大きな庭や駐車場を作ることも可能ですが、日本の場合は東京に近いほど土地は高くなり、小さくなるでしょう。中には駐車場がない家庭もあります。しかし、東京の狭い土地でも住宅を建てることは可能です。狭い土地に作られた狭小住宅でも快適に過ごすことは出来ます。土地が狭い分、住宅の至る所に様々な工夫をすることで、実際よりも狭く感じることはなく、使い勝手のいい住宅にすることも出来るのです。

東京では狭小住宅は珍しくありません。それぞれに住宅がいろんなアイディアを駆使して、自分のライフスタイルに合わせた快適な住宅にしています。狭小住宅の場合は、室内空間の使い方が重要です。狭い面積に住宅を建てるため、どうしても圧迫感を感じてしまいます。圧迫を無くすためには、開口部を工夫しましょう。大きな窓や天井に窓を儲けることで、室内の圧迫感をなくして開放的な住宅にすることが出来るでしょう。また、居室を沢山の用途に使用できるような工夫をすると、狭い狭小住宅でも十分に生活をすることは可能です。

狭小住宅は、土地が狭いため、家族とのコミュニケーションが密になります。そのため、いろんな話をする明るい家庭になるでしょう。東京で所有している土地が狭くても、快適な少しの工夫で住宅空間にすることが出来るのです。

快適なバスルームにある家

住宅

住宅を快適に過ごすためにはバスルームがとても重要です。最近は半身浴をする人も多くなっています。そのため、バスルームで過ごす時間が多い人も沢山いるでしょう。一戸建て住宅の購入を検討している人はバスルームを快適にしましょう。

詳細へ